EA(自動売買)全般 (2) - お気楽FXメモ&各種開設

Impulse-CYCLONE-203EUデモ版

今回はシンプルに、有名な日本製EAのデモ版を紹介します。

名前は、24時間スキャルピングEA 「−Impulse-CYCLONE-203EUデモ版」 です。

このEAは、 「 −Gemini-CYCLONE-201EU 」 、「-iBnads Neo-CYCLONE-202PF」を発売しているトレードサイクロン社の新作です。

Impulseはユーロドル専用で、最近はやりの24時間スキャルピングタイプのEAです。

私も早速ダウンロードをして、デモ稼働をしている最中です。

先月中にダウンロードした方には、再度、8月末まで使用可能なデモ版が、再ダウンロードできるようになっていました。

実際にバックテストをしてみましたが、かなり良い成績を収めています。

一度、デモ版を入手して、成績を確認してみて下さい。

24時間スキャルピングEAを購入する際には、候補の一つとして必ずあげて良いEAだと思います。

 
 
ブログの左に掲載しているトレサポの成績一覧から私が運用しいてるEAの成績を確認することができます。
 
全てpips表示にしていますので、マーチンエール系のEAなどは、可変ロットとなってしまい、pipsの成績だけでは、実際の収益の様子がはかれないものも多々あしります。
 
今回、このCYCLONE203EUのフォワードテスト結果も掲載しています。(成績次第ですが、とりあえず、8月末までは目処に掲載する予定です。)
 
デモ版に興味をお持ちの方は、リアル稼働も可能ですので、デモ版を入手する際の参考にされて下さい。
 
私自身もかなり期待をしているEAですので、今後、良好な成績を残してくれればと考えています。

(追記 7/12)
 
 CYCLONE203EUのデモ版は、期間中であれば、リアル稼働も可能です。
 で、ユーロ不安が高まる中ですので、今後、どうなるか少し心配ではありますが、リアル稼働させてみました。
 いつまで続けられるか分かりませんが、リアル稼働させた様子をトレサポに掲載しています。
 気になる方は、トレサポのIMPULSE −CYCLONE203EU−の成績をご確認下さい。




EAのリロードで予期せぬドローダウン

今日、私の保有するTOPGUNが大きなドローダウンを起こしました。

振り返って見ると、最近、やけにTOPGUNが妙なタイミングで勝負をあきらめて、あっさりと損失を計上していたため、EA自体に不信感を感じていたのですが、今日は、マーチンゲールを発動している最中に今月の収益の半分近くを持って行かれるような負けを喫してしまいました。

これは、ちょっと異常事態だと思い、EA自体のバグなのか、はたまた、FX会社の陰謀かと、メタトレーダーのログを見回してみたのですが、
どうもEAが突如、勝手にリロードされてしまい、自分の保有していたポジションを見失い、ポジション決裁という暴挙に出てしまったようです。

同じPC環境で同時稼働している他のメタトレーダーのログなどとつきあわせてみると、4XPで同時稼働させている、あるEAの利益確定、あるEAのストップロス、そしてTOPGUNの利確位置の変更が同じようなタイミングで行われてしまい、メモリ使用量が一気に増大した結果、リロードが行われてしまったようです。

また、その後も、TOPGUNのリロードの後、別口座の他のEAでもリロードが行われていました。

こちらのEAは幸いにも無事、なにごともなかったようです。

結局、これは、PC環境のメモリに較べ、稼働させているメタトレーダーとEAの数が多すぎるのだ判断し、即刻、TOPGUNを別の環境に移動させることにしました。



今回の原因を分析すると

1 違うEAでも、違う通貨でも、少し大きめの価格変動にあわせて、それぞれに同じタイミングでなんらかのアクションを起こすということは、頻繁に起こりえる。

2 ポジション保有後に、がんばろうとしてくれるEAほど、稼働後に、メモリ消費が増大する可能性がある。
  実際に、多くのEAでバックテストをすると、ポジション保有中のほうが、動作が重くなる。

3 EAのセキュリティ強化のため、DLLを使用するEAは、特にPCに負荷がかかる。

4 メタトレーダーやEAを同時稼働させる際、ポジションを持っていない状態でのメモリ消費量の計測だけでは、見通しが甘い。


などがあげられると思います。



実は、昨日、月曜日にも365EAのA2というEAで、ちょっと違う通貨の様子も見たいなと思ってしまい、別の通貨の表示に切り替えたところ、そのEAで登録をしていた複数通貨で、一気に逆張りエントリーをしてしまい、すぐに決裁をさせたのですが、数十ドルの損失をだしてしまいました。

半年間、EAを運用してきて、結構、このようなEAの本来性能以外の、人為的ミスや設定ミス等での損失や、逆に偶然の利益などを起こしています。

今月は、特に全体の成績がよく、よい収支が得られそうだっただけに残念です。

時折、EAの本来性能をたよりに、超高レバレッジでの短期勝負を挑もうかなどと、ふと夢をみてしまうことがあります。

しかし、結局、そのような時に限って、また今回のような、不測の事態が起きるのではないかと思うと、今後の良い教訓になった気がします。

ちょっとEAはお休みかな

8月4日(木曜日)
朝10時過ぎに目覚め、相場状況を確認したところ、既に介入による最初の突き上げが終わった後でした。
ほとんどのEAは、稼働中であったため、逆張り系のEAが軒並み、ポジションを取り、既にストッロスにかかっているもの、次々にポジションをとっている最中のものなど、まあ、何ともかなり悲惨な状況になっていました。

即座に大多数のEAを稼働停止にしたものの、大敗を喫しました。

とりあえず、介入の噂が消えるまで、少しの間、EAは動かすべきでないかなと思っています。

この記事の前に、WAIT AND SEE 相場と書いていながら、かなり格好悪い、成り行きになってしまいました。^^;


まあ、こんな状況の後で、果たしてこのブログに、何らかの説得力があるのかと言う気もしますが(w)、タイトル通り、お気楽に、でも、結構、まじめ気味にやれることをやっていこうかなと思います。

世界同時株安の話しまで飛び出てきて、この先、介入警戒感がいつ終息するのか分かりませんが、「戦無不敗」だと思って、しばらくのんびりしようかと思います。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。