インジケータ(A〜D) (2) - お気楽FXメモ&各種開設

ARROW_RSI-8_CROSS-55 45.mq4

AROOW_RSI.jpg


  チャートに上昇トレンド(緑色上矢印)、下降トレンド(赤色下矢印)の転換点を矢印で表示します。
  トレンドの転換点を知る目安としてかなり信頼できます。
  私も普段、チャートに表示させています。

  大きなトレンドが出ているときはこの矢印が変わるまでずっとポジションを持ち続けていても大丈夫かと思います。
  ただし、レンジ相場では痛い目にあいますので、注意が必要です。

パラメータ設定は5種類
MACD_CCI_mtfパラメータ.jpg
























ダウンロードはこちら ARROW_RSI-8_CROSS55 45.mq44


DISIRSI.mq4

DISIRSI.jpg
1分足から4時間足までの全ての時間でリアルタイムにRSIの数値をデジタル表示してくれます。
緑色で上昇トレンド、赤色で下降トレンドとなります。
また、色の濃淡でトレンドの強弱を表します。 

同じシリーズで、DISIADX、DIGISTOCHがあります。

パラメータ設定は7種類
DISIrsiパラメータ.jpg


 私自身は、画面を8分割していることが多いのですが、画面を分割してチャート表示している方であれば、上記6番目7番目のパラメータを省略にするのもありかと思います。

ダウンロードはこちら DIGIRSI.mq4

CCIFilter_vX_mtf.mq4

CCI_Filter_vX_mtf.jpg
チャートの中段、下段に表示されているのが両方との同じCCI_Filter_vX_mtfの別形態です。
パラメータの設定により、中段のカラー表示付きCCIになったり、下段のフィルターバー表示になったりします。
アラート機能がついており、買いシグナル、売りシグナルの点灯時には、アラートメッセージがポップアップします。
また、マルチタイムフーレム対応であるため、5分足のチャートを見ながら、CCIを15分足ベースで作動させる等も可能です。

パラメータ設定は18種類
CCIFilterパラメータ.jpg     
























色の設定は7種類
CCIFilterパラメータ.jpg























 ダウンロードはこちら CCIFilter vX._mtf.mq4

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。