VPS (3) - お気楽FXメモ&各種開設

FX 国内VPS 最安値比較 2012年4月版 その1

今回は、FX用の国内VPSの業者比較を行います。

FXで自動売買をする際に必要となるVPSやWindowsデスクトップ

サーバに必要とされる条件は、「@ WidowsOSで稼働するVPS
または、A Windowsデスクトップであること」です。

国内VPS比較、当ブログでは、昨年の11月以来3回目となります。

前回までは、業者ごとの仕様と金額を掲載するのみに留めていましたが、今回は最安値比較を基本コンセプトとしてご紹介します。



かなり情報量が多くなりますので、数回に分けて記事をアップしますが、

今回は

初めてFXで自動売買をする方が1番最初に選択肢として、考えるであろう

「メモリ1Gバイト」限定の最安値比較を実施します。

1 比較検討業者
@ お名前.com
A 使えるネット
B WEBKEEPERS
C VIRTUAL WEB
D SSPD
E WIN SERVER

※ WEBKEEPERSは、最低メモリ2Gからとなっており、今回は参考程度に留めて下さい
※ 業者ごとに細かい仕様の違いがあり、年中スペックが変更となっていますが、あくまで料金のみを対象として比較を実施します。



2 通常の料金体系
page001.jpg
通常の料金体系では、
1月目 使えるネット
2月目以降 SPPD、ずっと最安値を維持します。



各業者が料金割引キャンペーンを実施していない時期なら、
とりあえず、お試し1ヶ月の利用で 「使えるネット」
長期的なご利用で 「SPPD」 が、お得です。

仮想Windowsデスクトップが驚きの月額1,924円!

3 割引キャンペーン適用時
次は、各業者の実施している料金割引キャンペーンを適用した場合の最安値比較です。

現時点で料金割引キャンペーンを実施しているのは
@ お名前.com
  最初の3ヶ月間 1,450円 + 初期費用 無料
A 使えるネット
  最初の3ヶ月間 1,480円 + 初期費用 無料

以上2社のようです。


page003.png



結論


メモリ1GB (FX 自動売買 エントリーユーザー向け)では、

初月開始時点から 8ヶ月目までなら お名前.com
9ヶ月以上のご利用なら WIN SERVER

が最安値となります。



お名前.com デスクトップクラウド


サポート無料! WindowsVPS

初めて自動売買向けに国内のVPSを借りる。
まだ、それほどEAを保有していないし、これからあまり数多くのEAを使う予定を組んでいない。
まずは、どのようなものなのか、お試しで使って見たい。

という方向けの最安値比較となっています。

ぜひ、参考にご利用下さい。



FX 国内VPS 最安値比較 2012年4月版 第2弾

FXやCFD向けのVPS (含む仮想Windowsデスクトップ) の最安値を調査する特集の第2弾をお届けします。

今回は「メモリ2GB」限定、支払い方法は月払いとします。

メモリ2GBというのは、メタトレーダーの推奨環境となっています。

そして、メタトレーダーをVPSで稼働する場合には、よっぽどEAの稼働数を多くしない限り、メモリの影響でEAが誤作動をすることはないだろうというレベルです。

多くのVPS業者では、メモリ1GBを定番、エントリークラス、ビギナークラスとしており、実際に人気bPのコースとなっています。

今回のメモリー2GBは、ワンステップ上のランク、複数口座向けのEAを同時稼働しても大丈夫だと業者側も概ね保証をしているプランとなっています。

1 比較検討業者
@ お名前.com
A 使えるネット
B WEBKEEPERS
C VIRTUAL WEB
D SSPD
E WIN SERVER

※ WEBKEEPERSは、最低メモリ2GBからとなっており、今回からエントリーです。
※ 業者ごとに細かい仕様の違いがあり、年中スペックが変更となっていますが、あくまで料金のみを対象として比較を実施します。

2 通常の料金体系
page004.png

通常の料金体系では、
1月目、2月目 使えるネット
3月目以降 SPPD、ずっと最安値を維持します。

各業者が料金割引キャンペーンを実施していない時期なら、
とりあえず、お試し1ヶ月の利用で 「使えるネット」
長期的なご利用で 「SPPD」 が、お得です。

仮想Windowsデスクトップが驚きの月額1,924円!

3 割引キャンペーン適用時
次は、各業者の実施している料金割引キャンペーンを適用した場合の最安値比較です。
page005.png

現時点で料金割引キャンペーンを実施しているのは
@ お名前.com
  最初の3ヶ月間 1,450円 + 初期費用 無料
A 使えるネット
  最初の3ヶ月間 1,480円 + 初期費用 無料

以上2社のようです。

結論
メモリ2GB (FX 自動売買 多くのEAを利用する方向け)では、

初月開始時点から 3ヶ月目までなら お名前.com
4ヶ月以上のご利用なら 使えるネット

が最安値となります。
お名前.com デスクトップクラウド

2GBをとりあえず試してみたい、というならお名前.com

すでにEAの運用をしており、スペックアップ、長期化的な運用を目指すなら

価格面では使えるネットが一番という結果となっています。
レンタルサーバーなら使えるねっと
ぜひ、参考にご活用下さい。

FX 国内VPS 最安値比較 2012年4月版 第3弾

FX用国内VPS 最安値価格比較の2012年4月版の 3回目の記事となります。

先日、2012年4月19日から仮想WIndowsデスクトップサービス
『SPPD』のキャンペーンが開始されました。

期間
4月19日〜7月31日まで

キャンペーン内容
初期費用無料キャンペーン

当初初期費用
メモリ1GBのプラン 1,575円 → 無料
メモリ2GBのプラン 1,575円 → 無料
メモリ4GBのプラン 3,150円 → 無料

ということで、つい先日、FXの自動売買(EA)に使用するVPSまたは仮想Windowsデスクトップサービスの業者ごとの価格比較をご紹介したところですが、
急遽、改訂版の価格比較記事を掲載したいと思います。

今回記事では、メモリ1GBのプランでの最安値比較結果をご紹介します。

現在、当ブログで把握しているFXの自動売買(EA)に使用できるVPS業者は

@ お名前.com
A 使えるネット
B WEBKEEPERS
C VIRTUAL WEB
D SPPD
E WIN SERVER 

の6社です。

そして、キャンページが実施されている業者は
@ お名前.com
  最初の3ヶ月間 1,450円 + 初期費用 無料
A 使えるネット
  最初の3ヶ月間 1,480円 + 初期費用 無料
B SPPD
  初期費用無料
の3社となります。

page002.png



今回のSPPDのキャンペーンの結果、

@ 1月目から8月目まで最安値は お名前.com
A 9月目から15月目まで最安値は SPPD
B 15月目以降は、WIN SERVER

が最安値となっています。
上記3社の三つどもえとなり、微妙な結果となっていますが、初期費用無料という点で評価をするなら、
お名前.com デスクトップクラウド
毎月の支払いが継続的に安値安定することをとるなら
SPPD仮想Windowsデスクトップが驚きの月額1,924円!
当然、自動売買をするつもりなら勝手当たり前、数年間にわたり長期運用するつもりでいるよということなら
ウィンサーバー
というところでしょうか。

いずれにしても、ご紹介した各社は、悪評を聞くようなこともない業者さんばかりです。
安心してご利用できることは当ブログでも保証いたします。

この記事の価格比較も検討材料の一つとして、ぜひ、自動売買をお試し下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。