VPS (2) - お気楽FXメモ&各種開設

CNS(VPS)稼働マニュアル その2

今回は、CNSのVPSに接続をする際に必須となるソフトのダウンロード方法から始めます。

1 Double Login Defender と RDP Port Randomizer

  CNSのホームページを開きます。
  
  右上のAccout Logon に契約時に登録をしたメールアドレスとパスワードを入力します。
 
  下図のようなClient Areaが開きます。
CNS_ClientArea.jpg

ここで、Help Deskを選択します。
CNS_HelpDesk.jpg

 中段のPopular Files の中に 

    RDP Port Randmizer
 と Double Logon Defender v2.5 

という2つのファイルがあります。

 それぞれをクリックした後、Dawnloadボタンをクリックし、自分のPCの分かる場所に保存をして下さい。

 Double Login Defender v2.5 (以下、DLDと略します。) については、たびたび使用することになると思います。

 ショートカットをデスクトップに保存するか、ファイル自体を複製し、デスクトップに保存しておくと便利です。

 ※ ここで、注意事項です。
   
   VPSを再起動すると、その都度、自分のPCのDLDを再度、セットアップする必要があります。

   セットアップ作業は、画面に従い、ボタンをクリックしていくだけですので、30秒もかからずに終了します。

   忘れずに、再度、セットアップを行って下さい。


   また、DLDをセットアップし忘れて、リモート接続をした場合には(接続方法については、後述します)、その旨のエラーメッセージがVPS画面中央部に表示されます。

   その時は、あわてず、何の作業もせず、すぐにリモート接続を解除します。

   その後、DLDをセットアップした後、再度、接続をして下さい。

   エラーメッセージは消えています。


2 リモート接続

(1) CNSと契約をするといくつかのメールが送られてきます。

 その後、VPSのIPアドレス、ユーザー名、パスワードが記載されたメールが届きます。

 このメールが送られてくると、VPSのセットアップが完了し、いつでもVPSへの接続ができますよという合図となります。

 このIPアドレス、ユーザ名、パスワードは当然ですが、非常に大事になりますので、必ずPC以外のものに忘れないように記載しておいて下さい。

(2) リモートデスクトップ接続

   私のPCが未だにWindowsXPですので、XPの場合で説明します。

   スタートボタン → プログラム → アクセサリ → 「 リモートデスクトップ接続 」 を選択します。

   全般タブ → ログオン設定 でコンピュータ名にメールで送られてきた、IPアドレス、ユーザー名にもメールで送られてきたユーザ名を入力します。

   その他の項目は、何もせず、接続ボタンをクリックします。

リモートデスクトップ接続画面.jpg

これでVPSへの接続が行われ、VPS側の画面でユーザー名とパスワードの入力を求められます。
ここにメールで送られてきたユーザー名とパスワードを入力して下さい。

VPS側のデスクトップが表示されます。

RDP Portがどうのこうのというエラーメッセージが出ているかもしれませんが、ここでは、無視していただいて結構です。

また、VPS接続を終了する場合は、VPS画面の上部真ん中あたりの ×印 をクリックして下さい。

VPS自体は稼働したままで、PC側からの接続を解除することができます。

3 VPS環境日本語化
   続いて、VPS環境は全て初期状態で、英語表記のままですので、日本語表記されるよう設定します。
   途中、何度か再起動を求められるので、その都度、再起動をして下さい。

   以降の説明は、全てWindows2008 Serverの場合での説明となります。ご了承下さい。

(1) Regional and Language Options (地域と言語の選択)

 ア VPS画面のデスクトップ領域に Regional adn Language optionsという地球儀の形をしたアイコンがあります。
    これをダブルクリックします。

 イ Regional Options タブのStandard and formatsでJapaneseを選択します。

CNS_RegionalOptions_1.jpg

 ウ Regional OptionsタブのLocationでJapanを選択します。
   CNSサーバの設置場所は、UKやNYですが、時刻調整をしやすいので、私は設置場所を日本に変更しています。
   そのまま、サーバの設置場所を選択していても構いません。

CNS_Location.jpg

 エ Language タブのText services and input languagesで Details...をクリックします。
CNS_Language_Details.jpg

  Text Services and Input Language ウィンドウが開きます。
  Settingsタブの中のDefault input language で  
   
    Japanese − Microsoft IME Standard 2002 ver 8.1 を選択します。
CNS_TextServices.jpg

  続いて、その下のInstalled ServicesからJapanese→Keyboard→Microsoft IME Standard2002 ver8.1を選択します。

  画面下段のApplyボタンをクリックします。

 オ 引き続き、Regional and Language Optionsウィンドウ内のLanguageタブ内、Language used in menus and dialogsで日本語を選択します。

  画面下段のApplyボタンをクリックします。

  ここまでの設定で、サーバの再起動を求められます。

  再起動をする場合には、その都度、記録として残すためにどのような理由で再起動をするかを選択する必要があります。

  Restart を選択するとともに、ソフトウェアメンテナンスなどを選択し、再起動して下さい。

4 RDP Port の設定

  最近、VPSへハッキングを試みる事例が多く見受けられるそうです。
  そのためCNSでは、リモート接続に際し、RDP接続の際のポート番号を変更することを推奨しています。

  VPSへ接続をする度に表示されていたRDP Portがどうのこうのというエラーメッセージはそのことを伝えるためのものです。

  そこで、ここから、RDP Portのランダム化作業を行います。
  
(1) まず、ダブルログイン防止措置(DLDのセットアップ)を講じた後、上記2の方法でリモート接続します。

(2) 次に、上記1でダウンロードしておいた
      RDP Port Radmizer.exeを右クリックし、コピーします。

  リモート画面内のデスクトップ上で右クリックし、貼り付けを選択します。

   ※ 他のファイル等についても、自分のPCからVPS内にコピーをする場合には、この方法だけで十分、ファイル移動ができると思います。

(3) VPSデスクトップ上のRDP Port Randmizer.exe をダブルクリックします。
CNS_RDP Port Randmizer.jpg

画面内の空欄に自分のメールアドレスを入力し、 [ Go! Radmizer RDP Port ] をクリックします。

(4)自分のメーラーにメールが届きます。

  その中で、自分のVPSのIPアドレスと新しいRDPポート番号が記載されています。

  11.111.1.111:2525
  
  などという形で表記されています。

  次回接続時からは、上記2の接続方法で接続をしても、VPSへの接続ができません。
 
  このRDPポート番号に従って接続をすることとなります。

  このメールについても非常に重要ですので、忘れないようにメモなどをとっておいて下さい。
リモートデスクトップ接続画面.jpg

 上記2の接続方法のうち、コンピュータ名の部分だけをメールで送られてきた11.111.1.111:2525(例)という内容に置き換えて接続をして下さい。

  これで、通常のRDPポートへ外部から接続を試みても遮蔽してくれます。

  定期的に、このRDP Port Randmizerを使用し、RDPポート番号の変更を行えば、もっとセキュリティのアップが行えるかもしれません。
 
  ここまでで、メタトレーダーをインストールできる状態ができあがりました。

 次回は、VPSの再起動対策、自動ログイン、CNS付属のSMTPの使用法などについて説明します。


 


CNS(VPS)稼働マニュアル その3

第3回のCNS(VPS)稼働マニュアルですが、今回で最終回となります。

まず、今回のメニューを紹介します。

1 VPSの自動ログイン設定

2 VPSを定期的に再起動させる方法

3 VPSが再起動したあと、自動的にMT4を起動させる方法

4 SMTPサーバの設定

5 VPS環境の障害発生等に備えてシステムの状態を保存する方法

1〜3については、先輩諸氏が多くのブログで取り上げていますので、今更、私のブログに記載するまでもないのですが、とりあえず、このブログを見ただけでも完結できるよう、手短に掲載したいと思います。

1 VPSの自動ログイン設定

  VPS業者側がなんらかの理由でサーバを再起動させたり、自分自身でメモリ管理やアプリケーションメンテナンスのためにVPSを再起動させることがあります。
  
  週末であれば、問題がないのですが、平日になんらかの理由でVPSの再起動が行われると、メタトレーダーが閉じてしまい、保有ずみのポジションが、宙に浮いたままになりかねません。
 
 そこで、自分の目の届かないときでも、再起動後に、メタトレーダーが自動で再運転を行うよう設定する必要があり、そのためには、まず、自動でログインできるよう設定しておきます。

  ここでは、Autologon.exeを使用する方法を説明します。

  まず、以下のURLからAutologon.exeを入手します。

     http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb963905.aspx

  入手したファイルをVPSのデスクトップ等に保存します。

  Autologon.exeをダブルクリックします。

  すでに、Username と Domain は、自動で入力されていると思います。

  最後にパスワードのみを入力し、Enableをクリックして下さい。
 
  確認メッセージがでてきます。

  これだけで、再起動後に、自動でログインする設定は、完了です。

  ※注意事項
 
    ここでの自動ログインとは、リモートデスクトップ環境に接続をしていない時でも、VPSが勝手にログイン状態になることを指します。
    初期状態では、リモートデスクトップに接続をした際、毎回パスワード入力を求められますが、これは、リモートデスクトップ接続画面のオプションで 「 視覚情報を常に確認する 」 のチェックを外し、現在の接続設定を保存しておけば、次から前回のパスワードを流用し、パスワード入力なしで接続できるようになります。

2 VPSを定期的に再起動させる方法

(1) タスクの作成
  
  VPS環境でEAを常時稼働させると、次第にメモリーが消費され、プログラムがハングアップするようになります。
  そのため、毎週末には、サーバを再起動させ、メモリーをリフレッシュさせる必要があります。

  そこで、Windowsのタスクスケジュール機能を使用して、自動的に毎週末、Windowsを再起動させることが一般化しています。

  では、Windows2008R2でのタスクスケジュールの設定方法を記載します。

  まず、 スタートボタン → すべてのプログラム → アクセサリ → System Tools → タスク
  を選択します。
CNS_タスク起動.jpg

  タスクウィンドウの中で 「スケジュールされたタスクの追加」 が目に入りますが、ここでは、その下のほうの空欄部分で右クリックをして

 新規 → タスク を選択します。
CNS_新規タスク.jpg

  スケジュールされたタスクの追加の下に 「新しいタスク」という項目が追加されます。

  名前の変更が可能ですので、 ここでは、例として 「毎週再起動タスク」 としておきます。
 
(2) タスクタブ

  「 毎週再起動タスク」 を右クリックし、プロパティを開きます。

 タスクタブの 「実行するファイル名(R)」 に

    C:¥WINDOWS¥system32¥shutdown.exe /r /t 60 /f  /c "VPS Restarting"

  と入力します。

 同じく、タスクタブの 「開始(T)」 に
 
   C:¥WINDOWS¥system32

 同じくタスクタブの 「実行するアカウント名(U)」 に 先ほどの上記1 「Autologon.exe」 のDomain の部分の文字とUsernameの部分の文字を使用し、
 
    例 Domainの文字(例えば、YK292929)  ¥  Usernameの文字(例えば、Admin)

と入力します。

 同じくタスクタブの 「実行する」 にチェックをいれます。

CNS_タスクタブ.jpg


(3) スケジュールタブ


    私自身は、VPS環境を日本時間にあわせていますので、
   
    タスクのスケジュール : 週単位 
    開始時刻        : 8:00
    タスクのスケジュール間隔 : 1 週に1回
    土曜日のみ実行

    と設定しています。

(4) 設定タブ

    私自身は、タスクの継続時間を指定するに 72時間 と設定しています。
    このタスクスケジュールが、即座に実行できないとき、どの程度の時間、有効とするかについては、ご自分で判断して下さい。
  
    電源の管理等の設定については、自分の裁量できめてかまわないでしょう。

       最後に 「OK」 をクリックします。

    これで、毎週末に自動でVPSの再起動が行われるための設定が完了しました。


3 VPSが再起動したあと、自動的にMT4を起動させる方法

  私の過去記事で、以前、CNSでは、メタトレーダーを常時監視し、ダウンした場合には、再稼働をさせるための専用のソフト 「Autoboot.exe」 というものがありますとご紹介をしたのですが、このソフトが、Windows2003サーバの環境では、あまりうまく動作しないこと。
  また、メタトレーダーを複数起動させた場合に、結構重くなることから、今回は、他のブログと同様、Start.cmdを使用する方法を紹介しておきます。

 以下のURLにアクセスし、Start.zipファイルをダウンロードします。

 http://faq.tsukaeru.net/files/start.zip
 ファイルをVPSのデスクトップ等に保存し、解凍したのち、Start.cmdを右クリック→編集 で開きます。

  メタトレーダーを複数起動する場合など、それぞれのメタトレーダーの格納フォルダごとにTerminal.exeの保存場所を指定します。

例)
rem *************************************************
rem *** This starts IBFX after waiting 30 seconds ***
rem *************************************************


ping localhost -n 30
start "1" "C:\Program Files\4XPメタトレーダー\terminal.exe"

ping localhost -n 30
start "2" "C:\Program Files\アルパリNZ\terminal.exe"

ping localhost -n 30
start "3" "C:\Program Files\インスタフォレックス\terminal.exe"

exit

 上記の例ようにプログラム内を書き換えたら、上書き保存をします。

 start.cmdを C:\Documents and Settings\All Users\Start Menu\Programs\Startup に保存します。

 これで、VPSが再起動する都度、このコマンドが実行されます。


4 SMTPサーバの設定

  VPSのデスクトップに
    「 CNS VPS Email Provisioning System 」 というアイコンがあります。

  このアイコンをダブルクリックすると、Web画面が開きます。

  ここで、自分の好きなアドレス名でEmail アドレスを取得することができます。

  ここで、取得したEmailアドレスと、このWebページに記載されているSMTPサーバ名を、メタトレーダーの

      ツール → オプション → Eメールタブで入力をすれば、メール送信機能で利用することができます。


5 VPS環境の障害発生等に備えてシステムの状態を保存する方法

   ここまでの設定が、完了をしたら、とりあえず、スナップショットを保存し、なにか不測の事態が生じた場合に備えたほうがよいでしょう。

   スナップショットを保存するには、VPS画面上ではなく、CNSのWEBページからご自分のマイページにログインしたのち、

   Myproducts & Services → View Details → Login to Service Control Panel 

   → ユーザ名 、 パスワードの入力 → Trader's VPS Vlaue Edition(×××) → Virtual Private Servers

   → 画面中央のサーバ名選択 → Snapshotsタブ
   
   で行きつきます。

   ここで Take Snapshot をクリックします。

   スナップショットを新しく取り直す場合には、 一度、Delete で削除した後、再度、Take Snapshotをクリックします。


   慣れないうちは、あまりに階層が深いため、どこをクリックすればよいのかわかりにくいのですが、初期サービスとしてスナップショットを1
個だけ保存できるようになっています。

最後に
  これで、VPS環境の構築作業は、完了となります。

  途中、メタトレーダーのインストール方法については、省略をしていますが、上記3のスタートコマンドを設定する前に完了をしておいたほうがよいでしょう。

  また、メタトレーダーについては、VPSからIEで直接取得に行く方法と、自分のPC環境からコピーする方法があります。

  既に、ご自分のPCにセットアップファイルがある場合には、コピー、貼り付けするだけですので、コピーしたほうが早いと思います。

  このCNSVPS稼働マニュアルを読んで、分からない点、不備があれば、お教え下さい。

  こちらでも確認をしたいと思います。

  8月からいよいよ日本でのレバレッジ25倍規制が開始されます。

  この機会に海外口座へと資金を移動し、EAの稼働を考えている方も大勢いるかと思います。

  初めてVPS環境を構築をされる方もいるでしょうし、この記事が何らかの参考になればと思います。

国内VPS業者比較 第2版(2011年11月版)

今年の2月に、一度、国内VPSの業者比較の記事を掲載したのですが、FX業界同様、ネットビジネス業界も 「栄枯盛衰」 、既に跡形もない業者さんやサービス名が変更になった業者さんもあります。また、1年近くも経過すると、サービス内容や金額設定等にもかなり変更点がでてきていることと思います。

その上、以前私が書いた記事は、私自身がブログのレイアウトを変更したために、記事の一部が枠外へとはみ出てしまい、なかなかに見づらい状態になってしまいました。 ><

そこで、今一度、おすすめの国内VPS業者さんをまとめておきたいと思います。

今回、紹介するのは、
  
  1 お名前.com 
  2 使えるネット
  3 Virtual Web
  4 Win Server

いずれも、メタトレーダーを使用するための、必須条件であるWindowsOSを使用できるということが選定基準になっています。


ぜひ、参考にされて下さい。


1 お名前.com デスクトップクラウド


  まず、最初に紹介するのは、お名前.comです。
  私は、海外の「CNS」というVPSも借りているのですが、その前から、このお名前.comの Windowsデスクトップサービスも利用しています。
  利用を始めた当初から、今現在まで、一度もトラブルに見舞われることもなく、何の心配もせずに、利用できています。

  FX用のVPSというと、まず、名前があがるのが、この 「お名前.com」 さんと 「使えるネット」さんになると思います。
 
  いずれの業者さんも、利用をしているという方の中から、悪いウワサが聞こえてきません。
  
  また、既に利用をしているというブロガーの方が、FX用のEAを24時間運用するための、基本的なセットアップ方法を、事細かに説明してくれていますので、業者さんのサイトの情報だけでは説明不足だと感じるようなことがあったとしても、それほど、悩むことなく、運用開始ができることと思います。
 
  このブログでも海外VPS用のセットアップに関する注意事項をアップしています。
  国内の業者さんであれば、若干の違いはありますが、気にしなければならないポイントは大差ありませんので、参考にして下さい。

安定して24時間システムトレード実行させる環境


以下にお名前.comさんのサイトから勝手に(?)コピペしたスペックと料金体系を掲載しておきます。
まあ、業者さんの紹介ですので、特に問題はないと思います。^^;

・共通基本スペック
  OS
    Windows2008R2
  
  回線速度
    100Mbps
基本スペック
プラン1GB2GB4GB8GB
初めて

ご利用
に最適
複数の
ソフトも
安定稼働
の大人気
プラン
本格的な
ご利用に
オススメ
ビジネス
ユース
にも
最適な
最上位
スペック
初期費用2,100円  
今だけ無料!
11/30(水)
19:00まで
月額1ヶ月2,520
4,893
6,825
14,700
6ヶ月14,112
28,110
39,816円85,554
(2,352
円/月)
(4,685
円/月)
(6,636円
/月)
(14,259
円/月)
1年27,216
52,740
76,104円162,288
(2,268
円/月)
(4,395
円/月)
(6,342円
/月)
(13,524
円/月)
HDD容量50GB100GB
()
100GB
()
100GB
()
メモリー1GB2GB4GB8GB


※ 基本ディスク容量は、50GBです。無料オプションにより、100GBまで拡張いただけます。

2 使えるネット
 
 次は、「使えるネット」 さんです。

  ここのバナー広告も、FX関連のブログを開くたびに、よく目にします。
  日本で最初にVPSのサービスを開始した会社です。
  FX用のVPSとしては、すっかりおなじみです。
 
プラン名シルバーゴールドプラチナ
スペックメモリ1GB2GB4GB
HDD容量30GB50GB100GB
OSWindowsServer2008R2
料金1ヶ月2,980円4,980円6,980円
6ヶ月2,780円4,780円6,780円
(16,680円     (28,680円/6ヶ月)(40,680円/6ヶ月)
   /6ヶ月)  
1 年2,480円4,480円6,480円
(29,760円/1年)(53,760円/1年)(77,760円/1年)
 2 年1,880円3,880円5,880円
(45,120円/2年)(93,120円/2年)(141,120

前回調査時(2011年2月時点)より各グレードともにメモリ容量が倍にアップしています。
レンタルサーバーなら使えるねっと
3 VirtualWeb Virtual Web

ここは、WindowsVPSの業者さんですが、ハイスペックを売りにしているところです。
少し、料金体系をお高く感じるかもしれませんが、EAで既にガンガンもうかっているよ、という方であれば、問題がないと思います。

業者さんの紹介コメントを掲載しておきます。

【VirtualWeb】では40GBディスク/1GBメモリを搭載した快速VPSが、月々6300円よりご利用可能。共用ホスティングで運用中の複数WEBサイトの集約はもちろん、FX自動売買ソフトの常用環境にも最適です。

■Hyper-V 2.0採用で快速・快適
■リモートデスクトップ + Administrator権限で自由にカスタマイズ
■便利なWEBパネルで、再起動や再インストールがいつでも可能
■サイトの拡張など必要に応じて、ディスクやメモリ、CPU等をいつでも追加可能
■複数台契約でVPS同士のプライベート接続もOK
■Windows Server専門ホスティング事業者による安心運営


・基本スペック

 CPU容量  40GB
 メモリ容量  1GB

・初期費用

 3,150円

・月次単価

  1ヶ月単位の支払い
     6,300円

  3ヶ月単位の支払い(3%OFF)
     6,150円

  6ヶ月単位の支払い(5%OFF)
     5,985円

  12ヶ月単位の支払い(10%OFF)
     5,670円

  24ヶ月単位の支払い(20%OFF)
     5,040円

その他にオプションで、HDDの増設、CPU個数の追加、メモリ容量(〜4GB)の変更などがあります。

4 Win Server

続いて、WinServerさんです。

かなり、破格の値段からラインアップされています。

メモリ容量のことを考えると、無難なのは、RIGHTプランからのご利用でしょうか。

ここは、サーバーが大阪に設置されているそうです。
下のスペック一覧は、業者さんのサイトからコピーしてしまいました。^^;


バナーには、2003サーバーとありますが、VPS用は、2008R2になっています。
ご安心下さい。

Windows2003レンタルサーバー


*以前に紹介した国内VPS業者さんの記事で、今ではリンク切れになっていたりするものがあります。
 こちらの記事を参考にしていただくよう、お願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。