VPS - お気楽FXメモ&各種開設

自動売買用VPS業者比較

今回、私自身が自動売買(EA)のため、VPSを利用することにしたので、この機会に、現時点での主立ったVPS業者の比較検証をしたいと思います。

まず、VPSって何?という方のために
 VPS (またはリモートデスクトップ) というものを使う利点は、自分の家のパソコン上にデータやソフトを置かず、遠隔地にあるVPS業者さんのサーバの中にソフトを置き、そこにブログに接続するのと似たような方法で自分のPCから接続をして、そのソフトを使うことができる点にあります。

自動売買をする際には、基本的に24時間運用することが必要とされるため、停電や電気代、騒音、不慮のトラブルによるマシンクラッシュなどで取引が停止しないことが求められます。
その解決策の一つがVPSの利用です。

今回の比較検証で取り上げるのは、

 1  お名前.com
 2  使えるネット
 3  MetaTraderWEB (追記 2011年3月現在サイト改装中)
 4  WEBKeepers
 5  CPI
の5業者です。

以下に各業者ごとのスペック及び料金、主な特徴を列記します。

1 お名前.com
プラン名Windowsデスクトップ
スペックメモリ1GB占有
HDD容量50GB
OSWindows
Server2008R2
回線100Mbps共有
他利用者影響なし
初期費用2011/2/28まで無料
料金1ヶ月2,520円
6ヶ月2,352円
(14,122円/6ヶ月)
12ヶ月2,268円
(27,216円/1年)
 今回、私自身が選択したのは、このお名前.comです。
理由は、私が知っている他のブロガーの方がこの業者を選択していたからです。
(基本的にはそれだけです。)
この後に紹介をする業者さんも、それぞれにメタトレーダーで自動売買をするユーザーさんが既に利用しているものばかりですので、決してここが全ての点で一番優れているというというわけではありません。
とりあえず、メモリ等が占有できることと、最初は月払いで様子見をしたかったため、1ヶ月払いでの料金が比較的安価だったことが決め手となりました。


2 使えるネット
プラン名VPSシルバーVPSゴールドVPSプラチナ
スペックメモリ512MB共有1GB共有2GB
HDD容量30GB50GB100GB
OSWindowsServer2008
料金1ヶ月2,980円4,980円6,980円
6ヶ月2,780円
(16,680円     
   /6ヶ月)
4,780円
(28,680円/6ヶ月)
6,780円
(40,680円/6ヶ月)
1 年2,480円
(29,760円/1年)
4,480円
(53,760円/1年)
6,480円
(77,760円/1年)
 2 年1,880円
(45,120円/2年)
3,880円
(93,120円/2年)
5,880円
(141,120円/2年)
このVPSは3種類の基本スペックが用意されており、オプションで増強も可能です。
2年契約だと月あたり1,880円相当というプランもあり、使用するEAやメタトレーダが少ない方には向いているかもしれません。
また、サーバメンテナンスは休日に実施し、自動売買の利用者には格好の環境を用意してくれています。
マシンスペックも段階的にアップされており、今後も目が離せない業者さんの一つです。
レンタルサーバーなら使えるねっと長いので追記に分割しました。


CNS(海外VPS)を借りました。

既にEAの安定稼働のため、「 お名前.com 」 の 「 Windowsデスクトップ 」 サービスを借りているのですが、
今回、新たに海外のVPSを借りましたので、構築時の注意点、利点、欠点等をまとめておきます。

1 業者名

 私が借りたVPS業者名は、CNS (Commercial Network Service) です。


2 サービス内容

  金額   月額30$
  メモリー  384MB
  HD      20GB
  CPU     2CPU
  windows  2003 or 2008
  の OnlineTraders というサービスの一番ベーシックなランクのものです。

3 選んだ理由

  日本のVPSサービスに較べるとメモリー容量がかなり貧弱だし、値段だけであれば、他に格安の海外VPSも
数々あったのですが、いろいろと評判を調べてみると、他の海外VPSに較べて値段相応の安定感があるということだったので、この業者を選びました。

4 利点
(1) スピード

   海外VPSの一番のメリットは、何といってもVPSサーバの設置位置からFX会社までの接続スピードです。
   海外FX会社の場合、会社自体は、他の国に属していてもサーバ自体はニューヨークやロンドンに設置されていることが多いようです。
   そのため、VPSから ping を打つと、応答時間がたったの1msになるところもあります。
  CNSの場合、VPSをイギリスのロンドン、アメリカのニューヨーク、アメリカのカリフォルニア州サンディエゴの3カ所から選択することができます。

  以下が、CNSのホームページから抜粋した(2011年5月29日現在)、上記3地点から主立った海外FX会社へのping応答時間です。

 SDCANYCUK
4Runner Forex [mt1.leverate.com]143ms92ms<7ms
4XP Demo [mt4prod2.4xp.com]148ms83ms11ms
4XP Real [Meta2.4xp.com]146ms84ms11ms
AAAFx [198.107.197.19]78ms7ms94ms
ACM [mt4p.acmtrading.com]149ms95ms25ms
ActivTrades [213.203.213.54]180ms86ms12ms
Admiral Markets [71.5.110.101]76ms36ms101ms
Advanced Markets FX [amifxdemo.fortex.net]12ms70ms139ms
AFB Demo [216.93.183.226]16ms71ms139ms
AFB Real [209.61.216.83]91ms15ms73ms
Alpari-RU [212.65.93.13]197ms135ms60ms
Alpari-UK [89.238.157.28]156ms79ms<1ms
Alpari-US [208.122.44.105]92ms<2ms88ms
ATC [207.99.123.165]88ms2ms74ms
Askobid Demo [mtdemo1.leverate.com]141ms80ms7ms
Askobid Real [mt1.leverate.com]142ms80ms7ms
Ava FX Real [live.avafx.sysfx.com]73ms4ms72ms
Axis ODL [64.151.109.34]166ms226ms333ms
Benchmark Group [62.189.82.140]154ms77ms4ms
Broco (live server "San Francisco" is really in UK) [193.33.71.38]154ms94ms6ms
B Trader [212.199.176.133]231ms154ms77ms
CFH Markets Live [195.226.199.51]173ms96ms34ms
CFH Markets Demo [195.226.199.55]162ms102ms35ms
Citi FX Pro [193.219.31.104]161ms102ms27ms
http://www.collective2.com/ [74.220.20.155]95ms8ms75ms
The Collective FX [207.99.1.85]74ms2ms87ms
Currenex [64.210.171.58]72ms1ms80ms
DBFX [204.8.241.13]70ms1ms79ms
Dukascopy [194.8.15.159]163ms103ms31ms
E-Global Demo [78.129.175.175]140ms71ms11ms
E-Global Real [78.129.175.57]139ms72ms1ms
FastBrokersFX [129.250.192.74]80ms6ms82ms
FiboGroupDemo [87.118.250.162]192ms121ms59ms
FiboGroupReal [72.167.255.124]14ms55ms128ms
FigFX [209.160.77.216]84ms16ms75ms
FinFX Europe [77.240.23.10]177ms140ms46ms
FinFX USA [74.119.64.106]10ms67ms135ms
Finotec-Real [208.100.57.5]65ms24ms88ms
Fine XO [91.208.204.37]135ms70ms1ms
Forex4You.com SEE E-Global
Forex.com [74.217.53.11]79ms1ms76ms
FOREX.com UK [65.51.38.54] (server is in USA)82ms<5ms76ms
Forex Hunt [174.36.142.12]34ms72ms147ms
Forex Ltd. [65.175.79.18]57ms6ms110ms
ForexMeta SEE FXDD
Forex Metal [202.157.171.220]203ms286ms266ms
FOREX MMCIS [mt.forex-mmcis.com]343ms113ms75ms
Forexoma [94.236.75.202]174ms113ms1ms
FBS [88.85.79.65]158ms77ms19ms
FXCast [212.12.60.156]168ms89ms20ms
FXcbs [80.190.167.61]164ms107ms20ms
FXcentral [174.123.69.34]38ms33ms105ms
ForexFS Demo [208.43.252.50]75ms8ms98ms
ForexFS Main [67.228.237.10]28ms72ms141ms
FXCH [207.228.252.28]94ms5ms96ms
FX Clearing [208.116.40.196]70ms<2ms88ms
FXCM [204.8.240.204] 68ms<1ms76ms
FXCM UK [208.118.225.148] (server is in USA)  82ms2ms76ms
FXCompany Demo [80.93.48.133]193ms125ms39ms
FXCompany Real [80.93.48.134]88ms108ms39ms
FXDD [129.250.192.70]88ms1ms80ms
FXDD (Malta) [204.2.195.134]88ms1ms80ms
FXM Trade Demo [216.93.167.142]17ms75ms140ms
FXM Trade Real [216.93.188.93 ]16ms75ms140ms
FX Primus [64.151.90.146]18ms76ms140ms
FXOpen [212.147.66.36] 165ms95ms26ms
FXPro [real.fxpro.com]137ms72ms1ms
FXSalt [64.151.90.146]13ms77ms140ms
FX Solutions UK [206.18.161.49] (server is in/near NYC)72ms<2ms71ms
Gallant FX [98.129.173.112]39ms38ms111ms
GFT [75.124.71.136 ]70ms<2ms69ms
GCI Trading Demo FX [194.11.147.135]158ms95ms24ms
GCI Trading Live FX [194.11.147.132]157ms94ms24ms
Global Clearing Group [207.228.252.28]86ms5ms74ms
GoMarkets [NZ] [DC3: 206.71.180.206]
[DC5: 62.216.226.118]
<1ms
[DC3 server hosted at CNS-SDCA]
74ms<1ms
[DC5 server hosted at CNS-UK]
GotMoneyFXSEE InterbankFX
HotForex [78.140.160.37]162ms
76ms<8ms
HY Markets Demo [hyt4demo.hyinvestment.com]185ms70ms9ms
HY Markets Live [hyt4live1.hyinvestment.com]157ms233ms201ms
I am FX [iamfx.dnsbt.com]47ms37ms111ms
InterbankFX [mt4-06.ibfx.com]75ms2ms70ms
IKO FX [210.193.54.196]181ms289ms189ms
IKON Royal [63.211.88.70]73ms3ms63ms
Infinity FuturesSEE Forex.com
InstaForex-USA.com [209.160.65.159] 99ms16ms73ms
Interactive Brokers [208.192.181.62]93ms16ms96ms
Intertrader [mt4live-master.lcgmetatrader.com] 137ms69ms2ms
ITradeFXSEE FXCM
InvestTechFX [69.59.153.177]
NOT RECOMMENDED
REGULATORY ACTION
15ms71ms152ms
InvestorEurope Demo [208.118.225.182]72ms6ms76ms
InvestorEurope Live [208.118.226.194]70ms6ms76ms
Kinetic FX [67.192.231.129]42ms36ms106ms
Latitude FX [74.217.53.11]72ms<2ms167ms
Lite Forex [174.37.162.196]29ms105ms141ms
Marketiva [173.224.120.202]64ms28ms96ms
Markets.com [83.138.135.217]135ms70ms2ms
MasterForex [88.85.79.4]160ms83ms8ms
Maximus Capital Markets [63.215.91.179]<4ms74ms147ms
MB Trading [216.52.236.96]7ms87ms142ms
MF Financial [66.246.48.105]95ms1ms69ms
MF Global Canada Demo [208.118.225.182]70ms6ms76ms
MF Global Canada Real [204.8.241.174 ]73ms<2ms75ms
MigBank Demo [80.237.157.20]169ms98ms14ms
MigBank MAM [92.42.240.61]172ms88ms22ms
MigBank Real [94.228.51.16]156ms86ms18ms
Mirus [64.38.21.160]73ms<45ms109ms
MRC Markets Live [213.175.207.10]155ms79ms2ms
Nord Markets [216.93.249.69]70ms6ms77ms
OANDA Live [216.12.154.198]75ms5ms74ms
OANDA Demo [216.12.154.197]75ms6ms74ms
OEC [74.201.3.42]71ms24ms91ms
OneCorpFX [216.93.255.202]92ms6ms74ms
One Financial CFD Demo [mt4demo-master.onecfd.co.uk]134ms68ms<1ms
One Financial CFD Live [mt4live-master.onecfd.co.uk]134ms68ms<1ms
PFG Best [24.191.96.245]104ms5ms84ms
Prime4X [216.93.165.121] NOT RECOMMENDED
REGULATORY ACTION
24ms75ms140ms
PrimeBank Forex [75.125.0.67]37ms34ms105ms
Sig [209.160.40.59]49ms84ms176ms
ODL [62.189.82.140]154ms77ms4ms
Pepperstone [live.pepperstone.com]168ms238ms305ms
RV Markets [209.123.93.20]71ms1ms71ms
Saxo Bank [74.125.39.97]168ms85ms15ms
SmartTrade FX [75.125.0.67]227ms156ms81ms
SpotTraderSEE PFG BEST
StrategyBuilderFX [66.148.74.123]84ms6ms100ms
Tadawulfx Demo [87.119.205.24]158ms111ms11ms
Tadawulfx Live [91.121.109.229]147ms112ms4ms
Think Forex [206.155.75.155]79ms3ms71ms
TradeView [12.53.196.195]77ms6ms77ms
Trading Point [4.151.91.137]71ms22ms90ms
UWC [data-01.uwc-real.com]86ms5ms90ms
Vantage FX - Live/Demo [66.148.112.153/.154]42ms76ms151ms
Velocity4FX [208.96.31.79]16ms73ms204ms
WSD [wsd1.dyndns.org]130ms200ms264ms
Windsor Direct Demo [195.14.149.112]135ms69ms72ms
Windsor Direct REAL [69.74.45.167]85ms1ms74ms
X-Trade Brokers [real1a.xtb.com]173ms144ms33ms

SDCA: San Diego data center
NYC:  New York City data center
UK:  London data center


 どうでしょうか?
 かなり激早だと思いませんか?

 PCとFX会社のサーバとの接続スピードは、pingの応答時間だけでなく、サーバ側の処理スピード等も関係してくるのですが、これだけ早ければ、約定能力もかなりアップしそうです。

 日本国内のVPSもメリットは数多くあるので、手放すつもりはないのですが、スキャルピング気味なEAを稼働させるのには、最適だと思います。


(2)多重ログイン対策

  VPSを借りる場合、問題となるものの一つに多重ログインがあります。
  お名前.comのwindowsデスクトップであれば、この対策が既にできた状態となっており全く問題がなかったのですが、他のVPSを借りる場合、多重ログインという現象が発生することがあります。
  
  この多重ログインという状態が起きると、自分ではメタトレーダー上でEAを一つだけ動作させているつもりでいても、実は裏側にもう一つ同一環境があり、約定がダブってしまい、損失が2倍になったり、万が一の場合には、証拠金維持率を上回ってしまうという事態となります。

  CNSでは、この対策として、
  専用のソフト 「 Double Login Defender 」 というものを用意しています。
  VPSに接続する前に、このソフトをCNSのダウンロードページからダウンロードし、自分のPC内にセットアップしておくことで、VPSへ接続をする都度、前の接続状態を自動でログオフにしてくれます。

(3)サーバの再起動対策

  通常、VPSを借りる場合、業者側で勝手に再起動をしてしまった場合のために、再起動のあと、自動でログインをし、自動でメタトレーダーが再稼働するように設定しておきます。

  自動ログイン自体は、他の方のブログでもよく紹介をされている、「 reg_update.reg 」 を使う方法や 「 autologon.exe 」 を使います。
  ただ、そのあとのメタトレーダー等の再起動には、 「 Start.cmd 」 を使うのではなく、CNSの場合、このための専用のソフト「 AUTOOBOOT 」 というソフトを使います。

  起動をさせたいメタトレーダー等を、あらかじめこのソフトに登録をし、「 Enable 」 の状態にしておくと、常時監視をし、通常稼働時にもダウンしたメタトレーダーを瞬時に起動させてくれます。

  ただし、このプログラムは再起動時以外にも常時監視をしているため、自分の都合でメタトレーダーを落としてメンテナンスをしたい時などは、前もって、この 「 AUTOBOOT 」を 「 Disenable 」にしておかないと、すぐ勝手に立ちあがってしまいます。

  ある程度、メタトレーダーやEAの初期設定等が落ち着いて、通常運行ができる状態となってから 「 AUTOBOOT 」をセットしたほうがよいようです。

(4)メタトレーダーからのメール送信

   通常、VPSではメール送信に使用するSMTPポートが閉じられており、メタトレーダーからメールを送信するために、少し細工をする必要があります。

   ところが、CNSでは、無料でCNS専用のメールアカウントを取得することができ、このメールアカウントを使い、CNSのSMTPサーバを経由することで、メタトレーダーから自由にメールを送信することができます。
   このため、SMTPポートのことを特に気にせず、メールを取り扱うことができます。

(5)海外にあるということ
  今年3月の関東東北大震災や、今も続く原発問題で、今年の夏は、電力不足が懸念されています。
  国内VPSも、十分に安全な場所に設置され、電力の不安もほとんどないとは思うのですが、万が一のことを考えると、かなりおおげさだけど、自分のVPS自体も分散配置しておいたほうがよいのかなとも思います。
 
 5 海外VPSの欠点
(1) 英語での対応

   まず、CNSを借りる場合、全て英語のままのホームページを閲覧し、契約等をしなければなりません。
   また、メールで質問等をやりとりする場合にも英語が必須となります。
   私は、英語が特に得意でもないので、グーグルやヤフーの翻訳機能を活用し、どうにか乗り切っています。

 
(2)日本語環境問題

   CNSでは、最初の契約時に英語専用のサーバを借りるのか、多言語対応版(MUI)を借りるのかを選択します。
   この時、 「 MUI 」 を選択しておく必要があります。
   また、VPSを借りた初期状態では、MUI 版であっても最初は英語用に設定をされています。
   これを全て日本語対応用に自分で設定変更をする必要があります。

   私も他の方のブログを参考に日本語環境を構築しました。

   その際、一番問題となるのが、キーボードの日本語対応についてです。
   残念ながらVPS側では常に英語用のキーボードが接続をされており、あちらさんのメンテナンスの際に使用することになると思います。

   そのため、普通に コロン や ダブルクォーテーション アットマークを打とうとすると
   全然、別の文字がでてきてしまいます。 
  
   これは、あきらめるしかありません。
   ググってみると、英語キーボードでは、アットマークがこの位置ですとか、コロンは通常のプラスの位置にありますとか出てくるので、こちら側でその都度、考えながら打つしかありません。

 (追記 6/7)
  その後、日本語キーボード問題について、ニューヨークサーバでは、Windows2003サーバを選んでいたため、キーボードの日本語化ができませんでしたが、UKサーバでWindows2008を選んだ際には、キーボードの日本語対応ができていました。
 これが、UKサーバだからなのかWindows20008だからなのか、自分では現時点で判断ができませんでしたが、Windows2008を選べば、日本語キーボード対応ができている可能性が高いと思います。
 上記記事については、訂正しておきます。

 初めての海外VPSで、当初、かなり敷居が高く感じたのですが、環境構築等が終わってみれば、お名前.comのWindowsデスクトップと全く使い勝手も変わらず、自分なりに満足しています。

 今後も、国内VPSを使い続けるつもりだし、何をおいても海外VPSが一番とかって言うつもりでもありません。

 以前はCNSを使っていたけど、国内VPSに乗り換えたよ、という方もいるようだし、特別にスピード勝負というようなEAでもない限り、やはり国内VPSも捨てがたいかなと思います。

選択肢の一つとして、こういう所と契約をしましたよ、という程度です。

なにかの参考になれば、幸いです。

続きを読む

CNS(VPS)稼働マニュアル

以前、海外VPS業者のCNSと契約をしたとお伝えしたのですが、他のブログでCNSに特化した導入マニュアルを発見できませんでしたので、私が導入した時の契約〜セットアップまでの手順を掲載したいと思います。
  ただ、かなり、長い導入マニュアルになりそうですので、数回に分けて掲載します。

今回は、契約編です。

1 契約
(1)サービス選択

  まず、CNSのHPを開きます。

私が契約したのは、オンライントレーダーズというサービスです。   下図の位置からOnline Tradersを選択します。

CNSトップページ−オンライントレーダーズ.jpg

(2) サーバ設置場所

 次のページでサーバの設置場所を
  A 米国西海岸(サンディエゴ)
  B 米国東海岸(ニューヨーク)
  C ヨーロッパ(イギリス)
の3カ所から選択します。

 ニューヨークを選択する場合は、下図のように画面上段の3地点から真ん中を選択します。

CNSサーバ場所選択.jpg

(3)基本コース選択
  トレーダーズサービスには、大きく分けて2種類のコースがあります。

 ア バリューエディション基本プラン
   RAM        384MB
   回線        1000GB
   HD         15GB
   バックアップHD   5GB
   CPU        2CPU
   OS         Windows2003R2 or Windows2008R2

 イ スタンダードエディション基本プラン
   RAM        512MB
   回線        1000GB
   HD         15GB
   バックアップHD   5GB
   CPU        4CPU
   OS         Windows2003R2 or Windows2008R2
  また、メモリ等に不足を感じる場合のため、追加料金でメモリやHDの容量を強化することができます。

  私自身は、現在、バリューエディションの基本プランのまま使用しています。
  メモリ等に不安を感じる場合は、後でオプションを選択することができます。

  ここでは、バリュープランを選択したものとします。
  下図のUS$30の下にあるEnglishを選びます。

CNS基本サービス選択.jpg

(4)コース詳細選択
  ここでコースの詳細を決定します。

 ア BilingCycle (課金サイクル)
   バリューコースの場合
 (ア) 1ヶ月ごとのお支払い   $30
 (イ) 3ヶ月    〃       $90  
   (ウ) 半年ごとの 〃      $180
 (エ) 1年間ごとの 〃     $300

  1年契約だと2ヶ月分お安くなっています。
  ちなみに、スタンダードコースだと
 (ア) 1ヶ月ごとのお支払い   $65
 (イ) 3ヶ月    〃       $190
     (ウ) 半年ごとの 〃       $390
 (エ) 1年間ごとの 〃      $650
  となっています。

  この後は、バリューコースについてのみ、説明します。
 イ Configurable Options (ハード構成のオプション)
 (ア)  Number of Snapshots 
      サーバのシステム障害等に備え、ある時点でのソフトウェア構成を保存しておき、どうしても今の状態では、サーバの継続使用が不可能だと判断した際、過去に保存した時点にサーバのソフトウェア構成を戻すことができます。
      この保存することをスナップショットといいます。
      ここでは、このスナップショットをいくつ保存しておけるかを選択します。
      基本は、1つだけですが、 $5をプラスすることで5個まで追加することができます。

 (イ) RAM(MB)
     メモリ容量の選択です。
     基本コースで384MB
     以下
      512MB プラス $2.56
      640MB プラス $5.12
      768MB プラス $7.68
      896MB プラス $10.24
      1GB   プラス $12.80
    となっています。

 (ウ)DISK(HB) (ハードディスク容量)
    基本 15GBです。
    おそろく、MT4を使用する方で、この項目の増設を必要とされる方はいないかと思います。

    1GB増設するごとに$1が加算され、30GBまで選択することができます。

 (エ)Two-factor Authentication (二要素認証)
    私自身はこの項目を選択しませんでしたので、詳細がわからないのですが、ワンタイムパスワード等を利用し、本人確認を確実なものとする場合に選択をするものと思われます。(違っていたらごめんんさい。)

 (オ)WIC (リモート接続方法)
    自分のPCからVPS環境に接続をする場合、通常は、windowsに標準搭載されているリモートデスクトップ機能を利用します。
    そのため、この項目では、Do not install WIC を選択して構いません。
    他の選択肢として、Ultra WIC や Real WIC が用意されています。
    Ultra WIC や Real WIC とは、自分のPCから他のPCへリモート接続をするソフトの名称です。
    私もこのソフトをインターネットで検索・ダウンロードして利用してみましたが、Windows標準のリモートデスクトップと較べて特に便利だと感じる点はありませんでした。
ウ Addons (ソフトの追加オプション)
  OUTLOOK2010を有料で追加することができます。(月額$6が必要です。)
エ Additional Required Information (必要な追加情報)
(ア) OS
  以下の3種類のOSが選択可能です。
  私のおすすめは、2008R2です。
  A Windows2003 x86 エンタープライズエディション R2
  B Windows2003 x64 エンタープライズエディション R2
  C Windows2008 エンタープライズエディション R2
(イ) Language (言語)
   Windowsサーバの言語を英語バージョン(English)と多国語バージョン(MUI)から選択できます。
   ここでは、MUIを選択しておきます。
(ウ) Datacenter
   ここでもう一度、サーバの設置場所を選択します。
  A SDCA (米国西海岸 サンディエゴ)
  B NYC (米国東海岸 ニューヨーク)
  C NK (ヨーロッパ イギリス)
   ご自分の海外FX口座のサーバ設置場所にもっとも近いサーバ設置場所を選択して下さい。
   最後に画面下部の [ Update Cart ]をクリックします。 CNS商品構成選択.jpg
(5) 契約内容確認
 最後に契約する内容の確認画面がでてきます。
 Promotional Codeの欄に空欄がありますが、ここは気にしなくて結構です。
  これでひとまず、お買い物が終了しますので、[ Checkout ]を選択します。
CNS内容確認.jpg
(6)契約者情報等入力
 ア Your Details Already Registerder? 
    まだ、CNSに個人情報の登録をしていませんので、First Name から Please Choose a security question までの情報を入力します。
    State/Region には、都道府県名 を 東京ならTokyo - to などと書けばよいようです。
 イ Payment Method (お支払い方法)
   料金の支払い方法として、クレジットカード、銀行送金、Paypal、Moneybookers、Liberty Reserve、Google Checkout、Mail In Payment が選択できるようになっています。
   一般的な支払い方法としては、クレジットカードもしくは、Paypalになるかと思います。
   クレジットカードを選択した場合は、その下の欄の項目も入力が必要です。
   私自身は、Paypalで支払いを済ませています。
   クレジットカードの場合、Expiry dae(開始年)とIssue Number(発行番号)の入力欄があります。
   この欄は、海外のクレジットカードの場合、入力が必要となるようです。
   通常は、空欄のままでも次のページへと行けるはずですが(私自身未確認です)、もし、行けないようならば、Paypal等の手段を考えてみて下さい。  
   最後、ページ下段の同意するにチェックをいれ[ Complete Order ]をクリックします。
   次のページでPaypal等のページでの認証が完了すると契約が完了したこととなります。
CNS契約者情報入力.jpg
(7) 契約完了後
 その後、CNSから契約完了や支払い完了等のメールが何通か届きます。
 契約完了後、CNS側でVPSのセットアップ作業が必要となるため、実際にVPSを利用できるようになるまで、平日で最大24時間待たなければなりません。
 この後、自分がVPSを利用しやすいよう、カスタマイズをする必要があります。
 カスタマイズ編については次回、掲載します。
 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。