トレンドストリームレビュー - お気楽FXメモ&各種開設

トレンドストリーム(エコノミークラス)のご紹介

久しぶりに商品紹介ものの記事を掲載します。
商品の種類は裁量トレード用のテンプレート一式です。
名前を トレンドストリーム エコノミークラスと言います。
毎月20本限定販売【通常版】FXトレードのトレンドストリーム エコノミークラス


【トレンドストリーム解説】


下の図がトレンドストリームのチャートです。
テンプレート一式が、水色の背景の中にキレイに収まっています。
私自身は、他のインジケータをこのテンプレートに追加しようかとも思ったのですが、
当然ながら、十分にこのテンプレートに付属しているインジケータだけで、
いけてしまいます。


TrendStream_20111103_1.jpg


私もインジケータを自作してはいるものの、
過去にこの手の商品も買ったことがあります。


そして、今回、紹介するトレンドストリームは、
今、私が裁量トレードをする際に利用しており、
他の方にも十分おすすめできる商品だと思っています。


この商品
残念ながら、他の検証サイトを見ても
今現在、あまり検証を行っているところがありません。


自作EAを作っているうちに、
なにかEA制作のヒントになるようなものがないかと
あちらこちらを物色しているうち、
このトレンドストリームを見つけました。


【特徴】


トレンドストリームの特徴をあげます。
1 トレンド発生時の順張りトレード用の大きな節目のエントリーシグナルと、
  押し目買い、戻り売り用の小さなエントリーシグナルの2種類のシグナルを表示する。
2 大きな節目のエントリーシグナルには、対となる損切りの目安となるストップシグナルが表示される。
3 そして、このシステムの最大の特徴
利益確定の目安となる独自インジケータが付属しています。


以前にも、利益確定の目安となるインジケータを当ブログでも紹介してますし、
私自身も、いろいろと自作インジケータを作ってはいたのですが、
このトレンドストリームの利益確定用インジケータは、かなり秀逸です


このインジケータが利確目処を表示した場所で、
おもしろい位に相場の流れがピタっと止まります。
これを最初に見た時は、かなり感動ものだと思います。


ほんとに、おもしろいように言い当ててくれます。
毎月20本限定販売【通常版】FXトレードのトレンドストリーム エコノミークラス


【勝率じゃない、利益が欲しいんだ】


このトレンドストリームのキャッチコピーは、
「40〜60%の低勝率(笑)でも月間1000pips以上
勝率がそんなに重要ですか?欲しいのは利益ですよね?」
この一言で、私、やられました。


で、実際に宣伝広告に出ているチャート画面を見ると、
この手のシステムの中でも、今までにないくらい、利益確定位置が明確に
指示されているようなんです。


どうしても、このストップ位置がどうなっているのか、自分で試してみたくなりました、
で、実際に使ってみて、、やられっぱなしです。
一目惚れしました。当分、これでいかせてもらいます。


毎月20本限定販売【通常版】FXトレードのトレンドストリーム エコノミークラス


【特典】


特典といっても、私からではないですけど、この商品を購入すると以下のものが、ついてきます。


1 購入者限定ブログへご招待
   このブログでは、よりシステムについての理解が深まる解説を見ることができます。
2 60日間、無制限サポート
3 トレーリングストップ機能付き、リミットストップ自動注文EA
4 トレード時間以外は、チャート画面にフィルターを
  かけることができるMT4インジケータ
5 好きな時間帯3カ所に高値、安値のボックス表示をするMT4インジケータ


今まで、人のシステムに点数をつけて、記事にしたこともないけど、
今回は、点数つけさせてもらいます。
【総合評価 100点】
毎月20本限定販売【通常版】FXトレードのトレンドストリーム エコノミークラス
  サポートもしっかりしてますよ。

トレンドストリームレビュー11月7日

今日からできる限り有料マニュアルトレーディングシステム 「トレンドストリーム 」の運用日誌を記載したいと思います。


今日は、雇用統計あけの月曜日で、月によっては、大きく動く場合もあるのですが、終始小幅な上げ下げとなりました。


夕方には、イタリアの首相が辞任するかもしれないとのニュースが流れたものの、誤報であったことが伝わると、上昇しかけた相場が、反転下落するなど、方向感のない相場転換となりました。


事前に大きなニュースもなかったため、最初から15分足の最初の利確目処で決済をするつもりでトレードをはじめ、どうにか今日最初のトレードで、大きめの勝ちを拾うことができました。


また、途中からは、ニュースも途絶えたため、エントリーを見送りとしたトレードもあります。


明日以降も、しばらくの間、大きなファンダメンタルズ要因が見あたらない場合には、早めに同値撤退の準備をするなり、5分足等での利益確定目処も活用し、小幅な利益を積み上げられるようしたほうがいのかなと思っています。


11月7日トレンドストリーム_2.jpg


今日の勝敗は、2勝1敗1引き分け。
  +35.9pips
  +9.6ppips
  −33.2pips
  +1pips
     ……  計 13.3pips


11月8日

今日は、昨日に引き続き、ユーロドルが、狭いレンジ内で推移する展開となりました。


トレンドストリームの15分足では、夕方以降、エントリーチャンスが1回発生したのみとなりましたが、残念ながら、離席中にシグナルが点灯したため、乗り遅れてしまい、一日中、トレンドストリームでは、ノーエントリーとなってしまいました。


もし、エントリーをしていたとすると、15分足でエントリーをし、5分足での利益確定目処を利用することで、1勝をあげることができていたこととは、思います。


明日以降も、ユーロスイスや、ドル円に新しい展開がない限り、本日と同様の展開が続くのではないかと考えています。
少ないチャンスをモノにできるよう、最新の注意を払ってエントリータイミングを見逃さないように努めたいと思います。