FinalCashBack最新ニュース2月15日号 - お気楽FXメモ&各種開設

FinalCashBack最新ニュース2月15日号

FinalCashBackの最新ニュースです。

ドル円が、78円台ど真ん中にいるこの時期に、あいかわらずキャッシュバックサービスネタで記事を書かせていただいています。^^;
さて、FinalCashBack、またFX会社さんが3つも追加されてしまいました。

はっきりいって、もうあまりの急激な提携先の増加に私もニュースを追い切れなくなってます。w

今回追加されたのは、
1  InstaForex
2  FX PRIMUS
3  SevenFX の3社さんです。

正直言って、2番と3番のFX会社さんについては、名前は存じ上げてますが、あまり詳しくありません。
もちろん、あちこちのサイトをみたりすれば、詳細をいろいろと書けるんですが、これだけFX会社さんが増えてくると、どれがおすすめだなんて、言えなくなってきますね。^^;

ご自分で是非、このFX業者さんで提携したいという所を、FinalCashBackさんで確認して下さい。
各業者さんとも、それぞれに特徴のあるリベートが設定されています。

1番のInstaForexについては、私自身口座を持っていますので、少しだけご紹介します。
InstaForexは、ロシアのFX業者になります。
ただ、サーバはUSサーバやシンガポールサーバなどもあり、一度契約をしてしまえば、あまりロシアがどうとかいうことを意識することもありません。
それに私自身が入金した先は、なぜかロシアではなく、オーストラリアでした。w

InstaForexは、レバレッジが1000倍ということでも有名ですね。
InstaForexだけリベート率をご紹介すると、1ラウンドターン辺り1.32pipsに設定されています。
InstaForexは、いろいろな口座のタイプが選べるのですが、売りと買いのスプレッドが0pipsというタイプも選択できます。
この場合、取引ごとに手数料が発生し、少ない通貨で3pip分の手数料がかかるのですが、リベートが1.32pipsということは、半分近くは、回収できてしまうと言うことです。

他のFX会社でも概ね、そのくらいの比率でスプレッド分が回収出来ると思ってもらえれば、間違いがないと思います。

FinalCashBackサービスのサイトでは、どのくらいのトレードを繰り返すと、年間でどのくらい、スプレッド分の手数料を支払っていることになるのか自動計算をしてくれるツールが設置されています。
一度、試してみてはいかがでしょう。

>> 世界最強のFXキャッシュバックサイト



ここは記事下のフリースペースです

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。