FinalCashBackのすすめ 海外口座キャッシュバック比較レビュー - お気楽FXメモ&各種開設

FinalCashBackのすすめ 海外口座キャッシュバック比較レビュー

海外FXをする際の必需品、キャッシュバックについて当ブログでも比較検討してみます。
 
私も以前からCASHBACKFOREXを利用していましたが、2011年9月からFinalCashBackというキャッシュバックサービスが開始されました。
FinalCashBaclと他のキャッシュバックサービスとの大きな違いは、日本の業者が設立し、完全日本語の開設窓口が設立されていることです。
 
今回はFinalCashBackを中心に既存のキャッシュバックサービスとの比較をしてみたいと思います。
 
FinalCashBaskの特徴
 
1  純国産、日本初の海外FX口座キャッシュバックサービスである。
 
2  「最高リベート保証」で必ず他のキャッシュバックサービスより安くすることを謳っている。
 
3  取り扱うFX業者は今のところ、以下の8社 
      FXDD 4XP FXGM TradingPoint yourtradeFX
      iHFOREX Pepperstone ThinkForex
   日本人に人気があり、今後も日本人利用者が増加しそうな口座を押さえています。   
 
4  国内業者のため、報酬の受け取りが日本円である。
   出金のたびにドル建てから日本円に交換する必要がないということのメリットは大きいですね。
   この1点だけでもFinakCashBackを選ぶメリットがあるといって過言ではないでしょう。
 
各業者リベート比較
    図:海外口座キャッシュバックサービス比較一覧表
         図:海外口座キャッシュバックサービス比較一覧表

※それぞれのpipと$の数値は、ラウンドターンと言います。
  1ラウンドターンは1ロットの1回の売りと買いの往復が完了した時点で計上されます。
  また、1ロットとは10万通貨単位取引のことです。

FinalCashBackでは、他の業者より有利なリベートを保証しているので当然ですが、上記一覧表からも他業者を上回るリベートを提示していることが一目で分かります。

今後、IB報酬縛り等の無い海外口座を自分で開設する時には、まず、FinalCashBackで取り扱いのある業者かどうかを確認し、可能であればFinalCashBack経由で口座開設をすることが海外業者を利用する際の必須事項となりそうです。
当ブログでも今後イチオシのキャッシュバックサービスです。

既にCashBackForex等を利用している方の中には自分が利用したいFX業者の取り扱いがないという方もいるかもしれません。
今後も取り扱いFX業者数が増えるでしょうから、時折、動向を確認したほうがよいですね。

   FinalCashBack       CASHBACK FOREX    pip the pip 

  



ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。