チャート画面を拡大、縮小する方法 - お気楽FXメモ&各種開設

チャート画面を拡大、縮小する方法

今日は、チャート画面の簡単な拡大、縮小方法について書きたいと思います。

あまりにも簡単な方法なので、既に知っている人から見れば、あまりにも当然のことすぎるのかもしれませんが、本を読んでもあまりでてきませんし、よそのブログでも記事を見かけたことがありません。

とりあえず、まだ、気づいていない方がいればと思い、記事にしておきます。

メタトレーダーには画面上部に、プラスとマイナスの虫眼鏡マークがあり、ここを押すことにより画面が拡大されたり、縮小されたりします。
画面の拡大縮小ボタン.jpg



しかしこのやり方だとチャート画面が自分の思っていた適正サイズにならず、縮小して画面を小さくしてはみたものの、自動フィボなどの数字が小さすぎて読めなくなったりします。

そこで登場するのが、ボタンを使わず、マウスだけで画面を拡大、縮小する方法です。

マウスをチャートウィンドウの価格の部分の上に置くと、マウスの絵に上下の矢印がつきます。
縮小方法は、マウスの絵がこの状態になった時、チャート画面の右端にある価格の部分を真ん中から上、または真ん中から下へマウスの左クリックを押したままの状態でひっぱるだけです。

また、縮小した後は、マウスを逆に真ん中方向へ左クリックしたまま引っ張ると元の大きさまで戻せます。

この方法の唯一の欠点は、上下幅がチャート上の全ローソク足が収まる範囲より大きくならないということですが、とっさに画面の少し上の部分や下の部分を見たい場合には、関係がないと思います。

なんのことは無い方法ですが、意外とこの方法に気づいておらず、いつももどかしい思いをしている方もいるのではないでしょうか。

また、チャートウィンドウ下部の日時表示場所にマウスを持って行くと、マウスに左右の矢印の絵がつきます。
ここでマウスを左クリックしたまま、左右に引っ張ると、ここでは、チャートの縮小だけでなく拡大も行うことができます。

こちらもあまりにも簡単な方法ですが、いちいちボタンを押すのが面倒だという方にはおすすめです。
画面の拡大縮小方法.jpg















ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。