fRCI3_v22.mq4(自作) - お気楽FXメモ&各種開設

fRCI3_v22.mq4(自作)

(ライン1本とヒストグラム2本表示の状態)
fRCI3_v22画像1.jpg


RCI3本ラインの自作インジケータです。

以下に特徴を列挙します。
 1 表示形式として3本それぞれ個別に @ライン表示 Aヒストグラム Bフィルターバー の形式で表示できます。

 2 RCIをライン表示する際、スムージング化を行い、ラインを滑らかにしています。

 3 RCIが少し上下にふれただけで色がすぐにかわらないように一定以上の傾きで色がかわるよう設定できます。

 4 RCIを全ての表示形式でアップ、ダウンの2色に色分けしています。

 5 一番短いRCIはライン表示の際、「アップダウンの2色の色分け」、または、「ラインオーバーでカラー表示をする」の選択が可能です。

 6 インジケータの右端にデジタル表示を少し追加しており、3本が同じ方向を向いた際や、ラインクロスなどの際に、その旨を表示するとともにアラートを発することができます。

ストキャスやCCIではおなじみの機能ばかりですが、こんなRCIものがあったら便利ではないかと思う機能を入れてみました。

他のインジケータで代用可能なことも多いので、今更、どうかな〜と自分でも思ったのですが、RCIのインジケータは、本数の選択以外に、あまりにもバリエーションがないので、まあ、これもありかなと思っています。

フィルターバーについては、自分でEAを試作してみたかったので、ついでに追加してみました。
(正直、フィルターバーについては、CCIやTRIX、雲など、既に巷にあふれているし、どうなんだろう う〜む。(弱気))

とりあえず、気になる方がいましたら、使ってみて下さい。

おすすめは、(初期表示の状態ですが、)短期をライン表示、中期と長期をヒストグラム表示の状態で使ってもらえると3本の流れがわかりやすいのではないかと思います。

また、フィルターバーにする際は、上限下限をそれぞれ15,−15位に設定してもらえれば、みやすいかと思います。
(ご意見、ご感想、お待ちしております。)

以下にライン表示の状態とフィルターバーの状態の画像もアップしておきます。
(ライン表示)
fRCI3_v22ライン表示.jpg

(フィルターバー表示とデジタル部分のクローズアップ)
fRCI3_v22フィルターバー表示.jpg

(パラメータは21種類です)
fRCI3_v22パラメータ画像.jpg

ダウンロードはこちら → fRCI3_v22.ex4(配布を中止しました) 

動作にはあわせて以下のRCIインジケータが必要となります。

ダウンロード後、もし、名称が下記の名前以外で保存されている場合、動作しなくなります。

おそれいりますが、その場合、名称をfRCI_smoothed_v1.mx4に改名後、ご利用下さい。

ダウンロードはこちら → fRCI_smoothed_v1.ex4(配布を中止しました)


ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。