fRCI_DISI_v11.ex4(自作) New! - お気楽FXメモ&各種開設

fRCI_DISI_v11.ex4(自作) New!

1 fRCI_DISI_v11.ex4(新バージョン)
fRCI_DISI_v11画像.jpg

以前にアップしていたRCIデジタル表示ものを少し改良しました。
改良点は以下の通りです。
1 あまりに色使いが派手だったので、上昇、下降、横ばいの3種類に色を統一しました。
2 判定内容を追加し、同一時間帯で全てが同方向の時を一番強いシグナルとし、シンクロアップ、シンクロダウンという表示をするようにしました。
3 RCIの特性上、数値が天底で滞留することが多いので、横ばいの時、黄色で表示するようにしました。
4 時間ごとの行間を少し、広めにとりました。
5 タイムフレームの初期値を1分、5分、15分、30分に変更しています。
5 ご要望がありましたので、表示位置を左から右方向まで好きな位置にずらせるようにしています。

(注) できれば、右位置から表示場所を計算すると一番よいのですが、(本当は可能なのですが、)プログラム作成上、いろいろと煩雑な作業が発生するため、とりあえず、左端からどのくらい離すのかという数値設定になっています。
  そのため、チャートウィンドウを縮小するとデジタル表示が画面内に収まらなくなるというデメリットが存在しています。
  チャートを頻繁に大きくしたり、小さくする方は注意が必要です。

デジタルものの特性上、仕方がないと思うのですが、かなり数値変化に過敏に反応します。
シグナルがころころ変わってもビックリせず、じっくりと落ち着いて状況を把握し、対応するようにして下さい。

たまに全時間帯でシンクロ状態となると思います。
その時が、一番の狙い目です。(ローソン足や他のインジケータでも、十分おいしそうかもしれないけど… w)

RCIの期間として初期値を9,26、52にしています。
他の設定数値としては、9、13、52や9、13、26もおすすめです。
ご自分で試してみて下さい。

パラメータの設定は13種類
fRCIDISI_v11パラメータ画像.jpg

色使いとシグナル表示内容の詳細
fRCIDISI_v11色設定画像.jpg

ダウンロードはこちら → fRCI_DISI_v11.ex4(配布を中止しました)

2 fRCI_DISI_v1.ex4 (旧バージョン)

fRCI_DISI_v1.jpg


自分自身がデジタルインジケータを多用しているため、RCIのデジタルインジケータを作ってみました。
4つのタイムフレームごとに3つの期間を設定できるようになっています。
他のタイムフレームのRCIの動向が大まかに確認できるため、自分では重宝しています。
ただ、さすがにこれだけだとトレード執行が難しいので、RCIの3本ライン表示を別に一つ使用しています。

普通のインジケータに較べると、多少メモリ(2〜3MB位)を食いますし、HDの更新回数が増加しますので、使用の際は、ご自分のPCのスペックを考慮した上で、様子を見ながらご使用下さい。

また、各タイムフレームごとにクロスシグナルがでますので、全く正反対のシグナルが点灯することも多々あります。
大きなタイムフレームの状況を参考にしながら、押し目買い、戻り売り、逆張り等に役立てていただけると幸いです。

パラメータ設定は12種類です。
fRCI_DISI_v1パラメータ.jpg


各数値に表示される色について
fRCI_DISI_v1色の設定情報.jpg

クロスシグナルの表示内容について
fRCI_DISI_v1シグナルの設定内容.jpg

ダウンロードはこちら fRCI_DISI_v1.ex4(配布を中止しました)


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。